はじめまして。
ご予約やお問い合わせはお気軽にLINE@からお願いします。 

予約

ダメージの原因は美容師??

東洋式ヘアケア

ヘナとハーブで東洋式ヘアケアに挑戦中のお手当て美容師エステシャン遠藤です。

美容師がアーユルヴェーダの知恵を少し取り入れたヘアケアを提案します。

東洋式ヘアケアVS西洋式ヘアケアという訳ではありません。

どちらも一長一短ありますので、そこもしっかりと説明させて頂きます。

白髪、うねり、薄毛、細毛などでお悩みの方。

安全な白髪染めを探してる方。

シンプルヘアケアライフを送りたい方。

是非一度お問い合わせください。

ご予約お問い合わせ、事前カウンセリングなどはお問い合わせフォームまでお願いします。

LINE@でもご予約お問い合わせ可能です

LINE@はここから

戦後、もしくはもっとむかしむかしの平安鎌倉?

その当時は髪を綺麗にするトリートメントも汚れを落とすシャンプーもありませんでした。

年に1回、儀式でお水で流す程度だったそうです。

時は平成。

市場に溢れる髪を綺麗にすると言われるトリートメントに毛穴の汚れまで落とすクレンジングシャンプー。

そして、美容室には沢山の高額ヘアケアメニュー、、、

昔に比べ、商品も良くなり、環境と整い、普通に考えれば髪も頭皮も綺麗なはずです。

実感されてますか?

現代人の我々の髪は綺麗でしょうか??

街に出て髪の綺麗な人は何人探せるでしょうか?

そもそもご自身の髪は??

昔の日本人は髪は綺麗だったそうです。

それには一言では済ませないくらいの沢山の理由があります。

水、土壌、食べ物、空気、、、

トリートメントもシャンプーも進化し、日本の美容技術は世界でもトップクラスなのに、日本人の髪はなぜ綺麗ではないのか??

物や商品に頼りすぎてませんか?

色々付けて手触りだけ良くして誤魔化して満足してませんか?(とても大事ですが、、、)

なにか起きてしまってから「不」を解決する為に使うのが「商品」です。

では、なぜそうなってしまったのか?

「原因と結果の法則」

日本人の髪が傷んでしまった原因は?

ん??我々美容師??

美容師がトラブルを作り、それを解決する為に次々と新たな解決策をお客様にご紹介する。

メーカーが作った商品が髪を傷め、メーカーが新しく開発した商品で髪を誤魔化す。

美容室で良く見る光景です。笑

そして、これを繰り返したことが原因で、現代人の髪は傷んでると思います。

なのにお客様の手入れ不足や老化を原因にしてしまっている。

自分達を棚に上げてね、、、

ただ、美容師は良かれと思ってやってます。

ヘアケアリテラシーの低い美容師はまだまだ沢山います。

トラブル解決策は未来より過去にヒントがあります。

5000年前から解決策はあったのです。

そこに人間がどれだけ寄り添えるか?

自然に寄り添えるか?

巷にはびこるのは後手後手の解決策と商品。

こうなったからこうしましょう!では、時すでに遅し、、、

こうならないためにこうしましょう!が大事かな、、、

東洋式ヘアケアが目指す所です。

挑戦してみる価値はあると思います。

コメント